2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  | Top↑
2006.09.03 (Sun)

舞台版『シザーハンズ』

ジョニー・デップ&ティム・バートンの代表作の『シザーハンズ』が
マシュー・ボーンの振付演出で舞台化ですよ!
でもって、それが日本上陸ですよ!!
そのダンスミュージカル版『シザーハンズ』観てきちゃいました(*´∇`*)


もうね、エドがピュアで素直で一生懸命で
なんかチワワみたいでかわいすぎなのよ。
でもキムと踊ってるときはこれでもかってくらい素敵。
あぁ、もう、なんか自分生まれてきてすみません的な気持ちになった(笑


設定やストーリーの流れはだいたい同じなんだけど
映画とは違う作品になってました。
キャストも違うし映画と舞台なんだから違うのは当たり前なんだけど。

舞台だとエドワードははさみ好きの人間の少年で
持ってたはさみに落雷が落ちて死んじゃうの。
それを悲しんだ老人の発明家が
エドを人造人間に生まれ変わらせるとこから話しが始まるのよ。
ペグも化粧品販売員ではないし、ラストも違うんだけど
伝えたい事や魅せたいものが同じなら違う表現でも
観終わったとき映画を観た後と同じ気持ちになるのだなぁと。


映画の植え木のカットとかエドの床屋さんとか
お色気人妻に迫られちゃったりとかもダンスでしっかり表現してて
映画にはないエドの幻想とかクリスマスパーティーとかは
観てて楽しかったり切なかったり。。。

なんてゆうか、『好きって言葉ををダンスで表現すると』とか
『困惑を動きで見せるとしたらこうなるんだなぁ』って関心した。
マシュー・ボーンってすごいね(-ω- )


それとビックリしたのは、
生まれて初めてスタンディングオベーション見ちゃったししちゃったよ!!
カーテンコールの時、ガバッて立ち上がって拍手ですよ。
本当にあるんだねぇ、スタンディングオベーション。
いつか自分もされてみたいですゎ。
スポンサーサイト
EDIT  |  03:28  |  映画 舞台  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。