2006年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  | Top↑
2006.07.30 (Sun)

日刊 さなきち新聞

とみぃさんがさくちゃんとこからパクってて
それをさらにパクって来ました。
やるたびに内容が変わるし、かなりウケルw

http://www.p-apple.net/anata/


-------------------------------------------------------

日刊さなきち
7/31 (月)


交通安全キャンペーン

さなきちは昨日、交通安全キャンペーンの一環として一日警察署長を体験した。
ドライブが好きで、自分でもよく運転するというさなきちは、「安全運転しないと撃っちゃうぞ」と言いながら、拳銃を器用に指で回し、記者の一人に向かって引き金を引いた。もちろん弾は入っていなかったのだが、銃を向けられた記者は、さなきちお得意のきついジョークに馴れていなかったらしく、真っ青になっていた。
さなきちは「ごめんなさい。弾を入れるの忘れてた」と冗談を続けた。その後、さなきちは安全運転の重要さについて説き、「自分の免許は、もちろんゴールドカードです」と言って免許証を記者団に見せた。
しかし、この免許証の生年月日欄には、マジックで「死ぬまで18」と書かれていた。このようなお茶目過ぎるさなきちも、車は安全運転だという。



さなきち、経済を斬る!!

経済にも精通しているさなきちによると、現在の日本経済はなっていないらしい。
さなきちは、「最近は仕事もしてないので、あまり贅沢は出来ません。自宅で麦茶を作って飲んでいます。ペットボトルに入れているので、出かける時も安心です。」と某大学での公演で自信満々に語ったと言う。学生からは「経済の話というか、自分の生活の話じゃ?」との声もあった。またその公演でさなきちは、「2,000円札って使えないですよね。まだありましたっけ?」とも語り、日本経済を鋭く牽制することも忘れてはいなかった。
さらには、「日本人全員1億2千万人に、一人1円づつもらえば、1億2千万円ですよね。」と、誰もが一度は思い浮かべる夢を興奮気味に語り、場内から喝采をあびた。鳴り止む事の無いさなきちコールに対し、さなきちは、「やっぱ愛でしょ」とさかんに答えていたという。



さなきち社長の表と裏

TVショッピングでおなじみの、あのさなきち社長が、我々取材陣にその成功の秘訣を明かしてくれた。…「まあ基本はべシャリだね。僕、ホントは訛ってないんだけど、わざとああいう風にやってるんだよ」…「えっ、それじゃヤラセじゃないかって?まあヤラセ言われれば、それまでだけど、今の時代、テレビなんて99%ヤラセだからね。それを見て視聴者は喜んでくれるんだしさ」…「あっ、そろそろ時間?じゃあ、僕は収録があるのでこの辺で」
「はい、この最新型パソコンでしょー、このプリンタつくでしょー、そしてなんとデジカメまでつけちゃう!いいですよー、これからの運動会シーズンとか~。これ全部で199,800円!分割手数料は、20回まで当社が負担しちゃいます!」
さなきち氏は明らかに裏と表がある人物だということを、我々は知った。


-------------------------------------------------------
スポンサーサイト
EDIT  |  12:45  |  バトン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。